原因

一般的に、女性は男性に比べて下半身が太りやすいとされています。同じような生活習慣を送っていても、女性と男性の場合では下半身太りについては女性の方が不利であると言えるのです。下半身太りの原因ですが、女性は男性に比べて筋肉が少ないので足がむくみやすく、そのために下半身が太ってしまうとされています。私達の体は心臓から全身に流れる動脈を通じ、酸素や栄養素が供給されます。そして全身から心臓に戻る整脈を通じ、二酸化炭素や老廃物を運んでいるのです。そして、心臓から最も遠くに位置する足はふくらはぎの筋肉をポンプのようにし、心臓まで血液を送り返します。

男性に比べてふくらはぎの筋肉量が少ない女性の場合、血液を送る際にうまく送ることができず、むくみの原因となってしまう場合があるのです。また、女性の多くの方が苦しんでいる冷え性などの場合ですと、血の巡りが悪くなってしまい下半身太りの原因となってしまいます。滞った老廃物が脂肪と結びつくことによってセルライトを作ってしまうのです。一度できてしまったセルライトは脂肪を取り込むことでだんだんと大きさを増していき、それにより下半身太りが起こりやすい状況になってしまうのです。